引越しインテリア

引越しで最も重要なのは余裕をもった準備|引越しの知識

引越し準備は事前に進めなければ直前に行おうと思っても難しいです。
ではどうすればいいのか、まずは引越し準備リストを用意しましょう。
何をいつまでにすればいいのかリストアップしていきます。
リストアップして一つずつリストを見ながら消し込みをしていくといいでしょう。
引っ越し準備といってもいろいろと種類があります。荷物の準備もあれば、各種手続きの準備もあります。
荷物の準備リストと別に手続き準備リストも用意しておくといいですね。
手続きと言えば水道ガスなどの準備などもありますし、郵便局に郵便物の転送の手続きなどもあります。
他にも区役所への転居届や転入届など色々とあります。
クレジットカードや銀行の住所変更といった手続きもありますからいろいろです。
準備を滞りなく進めていくためにはやはり引っ越し準備リストが必要です。
引越し準備で住所変更などは時間がかかりますから1ヵ月くらい前から可能なら進めておくといいでしょう。
電話番号が変わるという場合も、NTTの電話開通工事などもありますから引越し準備として
あらかじめ手続きの準備をしておかなくてはいけません。
他にも何かレンタルするというものがあればレンタルの準備も必要です。
引越しの時期にもよりますが引越しシーズンになると手続きも普段よりも時間がかかりますから、
少し早め早めに進めるようにしなければいけません。
個人の引越しもですが法人の引越も早めに準備するようにしましょう。個人以上に時間がかかります。

風水を取り入れたインテリアコーディネートは最強?

なんとも怪しいタイトルですが、インテリアの中に風水を取り入れている人って実は多いですね。著名人なんかは、家の方角や立地などといった風水の基本はもちろんですが、部屋の中にも多くの風水の要素を取り入れています。
一時期テレビの「○っていいとも」などで、取り上げられまくっていた風水ですので、多くの人が関心はあるのではないでしょうか?
賃貸が多い場合には、なかなかその立地までを変えることはできないので、部屋の中でちょっとこだわってみるのもいいと思います。
玄関に犬の置物を置くなとか、玄関から直線的に寝室がある場合は、槍殺だから仕切り板やノレンを掛けるなどというのも結構有名ですね。
中でも最も意識されるのは、風水的に意味のある方角におくインテリア家具ですね。
方向には大きく「吉方位」と「凶方位」があります。
それぞれの方向に置くべき家具もいろいろな風水本やサイトで紹介されていますが、電気系の家具(PCも含みますよ!)は、
「吉方位」に置いたほうがいいと言われ、インテリアのメインとなる重い家具(収納系など)は凶方位に置いたほうがいいと言われています。
こういった風水の方向も意識して、インテリアコーディネートを考えてみるのもいいでしょう。
ただ、あまり考えすぎて、自分の好きな部屋にできないのは問題外ですので、こだわり過ぎないようにしましょうね。

引越しの際に選ぶ重要ポイント「敷金」|引越しの知識

敷金って入居の際に何のためにあるの?

「敷金って何のためにあるんだ!面倒くさいシステムだぜ〜!」
と思う人も多いのではないでしょうか?

せっかく気に入った部屋が見つかって、家賃も手頃だと思った矢先に、
ちょっと確認してみると「敷金・礼金 ○ヶ月分」という記載があってしり込みしてしまうことも多いのでは?

そもそも敷金というのは、「家主(貸主)」が部屋を貸した場合に、
借り手が家賃を滞納したり、住んでいる建物や部屋の備品などを破損させてしまった場合に、その担保として課せられているお金です。

つまり、貸主にとっての保険的な意味合いが強いわけですね。

ということは、毎月の家賃をしっかりと払い、
部屋や建物を破損させるようなことをしなければ、
基本的には退去の際に全額が戻ってくるわけです。

とはいえ、実際には修繕費(クリーニング費など)などという名目で、
幾ばくかのお金が差し引かれてしまうため、全額戻ってくるケースは少ないでしょう。

当然、実際に汚れがあったり、ちょっとした破損がある場合はあります。

しかし、ここで何も確認せずにいれば、
無条件で自分が知らないうちにお金を失っている可能性があります。

退去する際には、敷金がいったい何に使われたのかをしっかりと確認しましょう。

納得するためだけではなく、
おかしいところがないのか?
その修繕費は本当に妥当なのか?
を確認する事が重要です。

敷金の相場は、家賃の2〜3ヶ月分ですから、
結構バカにならない金額です。

引越し後の新生活のためのお金を少しでも確保するために、
まずは敷金がいったい何に使われてしまったのかを、
しっかりと「確認」することが大事ですよ!

引越しに掛かる費用を少しでも安くする裏技的日取り

引越し費用は少しでも抑えたいと思っている人も多いと思いますし、節約をしたいと思っている人もいると思います。
インターネット上で今は見積もりが可能ですから、いろいろとある引越し業者を比較してみて
決めるという人もいると思いますがネットでの見積もりはその金額が当日の引越しの金額とは限りません。
安いところを選んだとしても実際に引越ししてみると追加料金を払わなければいけないこともありますから注意しましょう。
引越し費用を少しでも抑えたいと思っている人は家に来てもらって
実際に見てもらうという方法が一番だと思います。
費用を抑えたいと思っている人は時期を考えましょう。
引越しがよく行われる3月などのハイシーズンは料金が高めに設定されていますから
その時期を除けば平日にすれば安いですし、また仏滅などにすればかなり費用を抑えることが可能です。
他にも引越しの費用でお得にする場合には住所変更と一緒に公共料金などをクレジットカード払いにしてポイントを貯めてみたり、
引越しの支払いもクレジットカードで行うとポイントがつくので費用がお得になりますね。
引越し費用を抑えようと思うと色々と方法がありますから、
かしこく時間をかけて準備や比較をする手間や時間を惜しまないことがお勧めの方法です。
引越し業者選びから引越しのスタイルまでいろいろと費用を節約できる方法を考えてみるといいですね。
引越し業者の平日仏滅午後プランが一番安い費用でできると言われています。

引越し業者の選択は落ち着いた気持ちでじっくりと

引越し業者といっても色々な業者がありますから、何をポイントにして選べばいいのでしょうか。
まず引越し業者の規模で選ぶという方法があります。
種類的には大手の有名で名前も知られている引越し業者、地域密着型の中規模引越し業者、
そして赤帽といった軽貨物運送業者に分けることができます。
大手の引越し業やの場合にはテレビのコマーシャルなどでも放送されていますから
ご存知の人も多いと思います。
大手の場合には設備が整っていたり梱包の素材も地球環境を考えていたり
引越しスタッフの教育環境も整っているといった特徴があります。
信頼と安心性が高いのが大手の引越業者ですが値段が少し高いのが特徴です。
中規模引越し業者の特徴としてはそれぞれの業者の中での価格競争が比較的激しいので、
値段も格安になったりサービスが満点という特徴があります。
しかし値段が安いので件数をたくさんこなす業者が多いですから、
時間帯によっては午後から予約をしていても時間がずれていて遅くなるという特徴もありますので覚えておきましょう。
スタッフのサービスも大手よりは質が下がることも覚えておいた上で利用するといいでしょう。
そして軽貨物運送業者の引越業者の場合には引越し先が近い場合や
荷物が少ないという人にとってはかなり安い値段で引越しをすることができます。
しかしスタッフによる梱包のサービスなどはなくほとんど自分で引越し準備をしなければいけないというデメリットもあるので、
忙しい人には少し向かない引越し業者かもしれません。